今日の一盤(7499番ブッカー・アービン)

P1011573.jpg
虎の巻より
アービンとしては珍しい3管編成による、タイトル通りヘビー級・アンサンブルサウンドが味わえる作品。豪快なアービンのソロを筆頭に、トロンボーンのガーネット・ブラウンもエネルギッシュなプレイを聴かせる。そのブラウンが書いた「バッハフィーレン」はメロデイックな上手さを感じさせるキャッチーな作。それ以上に興味深いのがスイングの名曲「素敵なあなた」のハードドライビングな解釈だろ。(岡崎)
66年9月シュリッテン(PRO)リチャード・アンダーソン録音。
アービン(ts)JIMMY・OWENS(tp)GARNET・BROWN(tb)JAKI・BYARD(p)RICHARD・DAVIS(b)ALAN・DAWSON(ds)
63年・64年に出したブックシリーズも有名だが、今日のアルバムはそれ以上に熱い。気迫がみなぎっている。岡崎さんの推薦曲もさることながら、僕的には「YOU DONT KNOW WHAT LOVE IS」でしょう。アービンのソロは素晴らしい。
この後ドルフィー「ラスト・デイト」から彼のフルートが聴きたくなり、取りだした。いずれも腰の据わった絶品である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR