今日の一盤(7434番スタン・ゲッツ)

P1011505.jpg
7255番の再発だ。49年と53年の録音.
スタン・ゲッツ(1927~1991)は本名STANLEY・GAYETZKY(スタンリー・ゲイツキー、)親はウクライナからの移民だそうだ。
54年に麻薬がらみで逮捕され、その後はスウエーデンに移住、60年代初めにボサノバで大ヒット、スターになった。
今日のアルバムは一番スタンゲッツらしいクールテナーが聴ける。その時代、求められた最先端の音楽形式ではなかったろうか。彼はどの時代でもスターであったが、この頃、表現した作品が最も光り輝き続けていると思う。
ここの所、黒人ミュージシャンによる大衆迎合したソウルジャズが続いているが、このアカデミックなクラシックジャズをかけると空気が締まる。硬軟取り合わせられるのもプレステッジの魅力だろう。
ウクライナは紛争で多数の死者を出している。お互い一歩も引かない妥協の無い強気な姿勢は国民性?ゲッツが奏でるアドリブフレーズから何かしら、そんな凄みを感ずる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR