今日の一盤(7429番ボビー・ティモンズ)

P1011502.jpg
65年7月バンゲルダー録音。ボビーがピアノとビブラホーンを演っている。LEE OTIS BASS(b)BILLY SAUNDERS(ds)
プレステッジ第5作、僕の嗜好で☆5つ。
「TO MY QUEEN」というWALT DICKERSONのアルバムがある。クールなビブラホーンが印象的な名盤だが、今日のボビーのビブラホーンも、それに匹敵するクールさを感ずることが出来る。そしてピアノでもしかり。
作曲の才能は知れているが、ジャズマンの肝心要のアドリブでのフレーズ造りも天才的というしかない。プレステッジでの彼のアルバムに駄作はない。何を作らせても天才が生み出すジャズは極上なコクを感じさせるジャズになっている。。
彼は酒とドラッグが基で38歳にて逝去しているが、そんなアーシーなライフスタイルも音的な熟成には一役買っていたのかな、とふしだらな事を思うのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR