今日の一盤(7409番モリス・ナントン)

P1011258.jpg
虎の巻から
ナントンのアルバムは小品的な演奏を並べたものが多かったけれども、プレステッジからの第2作では全6曲、しっかりと聴かせてくれている。タイトル曲はリラックスした雰囲気に彩られたナントン作のスローブルース。ジミー・スミスなども演じていた映画曲「エニー・ナンバー・キャン・ウイン」やラテンナンバーの名曲「タブー」の小粋な解釈など、ひちひねりした選曲とともにナントンの洗練された味わいがたっぷり味わえる。(岡崎)
65年5月・6月、バンゲルダーによる録音。MORRIS・NANTON(p)NORMAN・EDGE(b)AL・BELDINI(ds)
このピアニストは1929年生まれだから現在86歳か。プレステッジには3枚残している。他のアルバムは?と検索したが今日のセッション65年6月が最後で他を探せ出せなかった。地元で(ニュージャージー)地味に活動しているとか。
ブルーノートにピアニスト、ジーン・ハリス引き入るスリー・サウンズというトリオグループがあるが、その雰囲気ににている。気をてらう音作りはしない。オーソドックスにして、ジャジー、ブルージーで小粋だ。「タブー」が素晴らしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR