今日の一盤(7332番ソニー・ステット)

PB071158.jpg
WITH ドン・パターソンとある。前の7331番はドン・パターソンがりーダーでブッカー・アービンと共演していた。これが64年5月。今日のが64年の3月である。こちらの方が早い。だからどうした?といってもそれ以上は無いけれど。
スタンダードやブルース曲以外の3曲がステットのオリジナルだ。だから主役はステットなのだが、パターソンのオルガンの存在は大きい。ドラムはビリー・ジェームス。この3人、トリオでのアルバムだ。
ここでのステットはパターソンのオルガンに乗ってまるで水を得た魚の如くスイングしている。パターソンも抜群。
ステットさん、どうしてこんなに力みが無いのだろう?すなわちこれをして天才といっても過言ではないと思う。☆5つ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR