今日の二盤(7042番 ムーンドッグ)

PA081060.jpg
番号順に追いかけて来たプレステッジ、もちろん欠盤もある。その一つがこのアルバム。ムーンドッグというミュージシャンだ。
最近入手し、かつ、本日は皆既月食であり、先程30分程、それを見てきました。秋田は晴れており、7時20分くらいに見事隠れました。ミステリアスというか、エキゾチックというか、見入るものですね。月は薄だいだい色で美しかった。
さて虎の巻を引用します。
盲目の作曲家、詩人でもある、ムーンドッグのプレステッジファーストアルバムはジャズという範疇に収まらない多面性を持った作品だ。年の騒音、波音、蛙の声、など様ざまなサウンドをコラージュして実験的色彩が濃い作品。彼の音楽を簡単に言葉にするにはおこがましいが、現代音楽の重鎮、フィリップグラスやスチーブ・ライヒにも影響を与えていることからも、彼の音楽家としての、とてつもない大きさを感じる。(大野哲)
僕が聞く限り、これは音楽的にはジャズではない。これを取りこんだプレステッジの自由な感性こそ、すなわちジャズなのか?2曲、日本語の詩がでる。1956年の録音なのだが、ミステリアスなアルバムだ。
先日、お客さんと一期一会、もう二度と聞く機会がないかな?と会話したが、2度目の落針だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりです。

ムーンドッグのこのアルバム、1956年当時の外へ行っての録音って凄いとおもいませんか?僕もこのアルバム聴いた時、びっくりしました。JAZZとかという音楽のくくりではなく、誰もやっていない音の録音!   ちなみに当時、奥さんは日本人でした。


毎回、ブログ読んでいます。いつもいつも楽しいブログありがとうです。

久しぶりです。

ムーンドッグのこのアルバム、1956年当時の外へ行っての録音って凄いとおもいませんか?僕もこのアルバム聴いた時、びっくりしました。JAZZとかという音楽のくくりではなく、誰もやっていない音の録音!   ちなみに当時、奥さんは日本人でした。


毎回、ブログ読んでいます。いつもいつも楽しいブログありがとうです。

No title

高田さん、コメントありがとうございます。
お久しぶりとは?以前にもコメントされたのですか?
それとも同級生の高田君かな?
最近、物忘れがひどく困ったもんです。
お客さんにはいつも失礼しております。
ムーンドッグ、確かに56年時に外での録音、それに価値あり、同意。
奥さんが日本人、なるほど、勉強になりました。
ムーンドッグのオリジナルは高価ですね。
他も欲しくなりました。いつの事やら。
貴殿のブログ、見ました。おもちゃ箱みたいに楽しい世界ですね。
今度また宜しくお願いします。
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR