今日の一盤(7258番レッド・ガーランド)

P8290996.jpg
虎の巻から
しみじみとしたガーランドのタッチに強く惹きつけられるアルバムである。タイトルは「ソニーボーイ(A面1曲目)の歌詞の一節からとられたもので、この曲やB面2曲目の寂しげな響きが心から離れない。そして「セントジェームズ病院」に漂う哀感。ガーランドにとってもプレステッジ時代の最後にあたるもので、この後は8年以上にもわたってジャズ界の第一線から遠ざかる事になる。・・・(岡崎)
ジャケットの帯も良い事を書いている。
ブルーなムードが漂うナンバーを集め、秘めたるエモーションを珠玉のシングル・トーンに託したガーランドの有終の美を飾った澁味溢れる名作。・・・・・・全くその通り。

都会に住む、単身のサラリーマン、金曜日の夜10時、最後の文書をまとめクリックして会社を去る。向かうは行きつけのバーだ。タバコに火をつけ、ウイスキーのロックを傾ける。そんな場面のバックグラウンドに今日のアルバムは最高だ。
ウムー・・・男に似合うジャズだな。
「セントジェームス病院」はジャズピアノ・ベスト10に入れる曲。他スローバラード2曲もすこぶる良し。☆5。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR