今日の一盤(7257番ジーン・アモンズ)

P8260993.jpg
表面が擦れて、見る影もないほどやつれたジャケットですね。中古で購入したのだけど、どういう扱いすれば、こんな風合いになるんでしょう。ジーンズだったら貫禄があるのだけど。
それと、この画像はオリジナルのジャケットではないんです。オリジナルは「BAD BOSSA NOVA」といってアモンズによるボサノバがテーマのアルバムなのです。それにしてもボサノバという単語の前にBADという形容はブルージーですね。
それが、セカンド、サードと改訂をして行く内に、ジャケット画像のすり替えになったのでしょう。何でボサノバ?スタンゲッツが最初ボサノバで話題になったのは、61年にチャーリーバードとの共演でした。そして今日のが62年、次の年63年にはスタンゲッツはジョビンとの共作で「イパネマの娘」で世界的なヒットをとばしました。
さて、アモンズのボサノバは?2人のギタリスト(アコーステックギター)を使ってボサノバ風のアレンジはしておりますが、さほどボサノバ風じゃない。すぐさま馬脚を表すというか、、ブルージーな演奏になってしまう。でも、これが良い。
だから後にジャングル・ソウルとタイトル名も変更したのだ。アモンズはさすがであり、ピアノのハンク・ジョーンズが良い。☆4つ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR