今日の一盤(7233番ジョン・ライト)

P8060969.jpg
虎の巻から
ソウルフルな中に、どこかスマートさを感ずるジョン・ライトのピアノタッチ。そんなライトによる4作目のアルバム。A面1曲目「アワ・ワルツ」はバンド・リーダーのデビット・ローズが書いたノスタルジックなナンバー。こんな曲をとりあげて見事にジャズ化してみせるライトのセンスに感心させられる。他にもニューオリンズ風なビート生かした「ストラット」など、バラエテイを持ったレパートリーが続く。・・・・(岡崎)
ソウルフルなアルバムが続き、コッテリ感が漂っているここの所であるが、今日のアルバムは一服のオアシスのような感じ。
決して淡泊なのではない。そこは黒人ピアニスト、いたってコッテリ感を含むのであるが、上記の如くスマートさがあるのだ。
今風にいうとクールという奴か。いや、昔からクールはクールで、ここいら辺りにクールの語源があるのだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR