今日の一盤(7212番ジョン・ライト)

P7110926.jpg
虎の巻を借りる。
シカゴで活動をおこなったピアニスト、ジョンライトの3作目のリーダー作。ライトのアルバムはトリオによるばかりなのだが、ここではテナーにやはりシカゴのエディー・ウイリアムスが参加している。彼はトロンボーン奏者ベニー・グリーンのブルーノート吹き込みなどでも知られるアーシーなプレーヤー。シカゴらしいアクをもったブルース臭とともに、どこか軽快な乗りを持つライトのタッチが楽しめる。・・・・(岡崎)

ジョン・ライトをネットで検索したら、2010年に30何年振りにCDを出したとあった。すっかりお爺さんの顔であった。
今日のアルバムは61年6月23日の録音、来週録誕53年となる。30何年振りというから80年代にも1枚出したのだろう。現在、存命しているかわからない。しかし4年前にアルバムを出した。つまり当時、指がまだ元気であったという事だ。
ウサギとカメのカメさんのよう感じ。派手さはないが、確実にジャズセンスが良いピアニストです。そして渋い、いぶし銀、こいった単語が似合うミュージシャンですね。
追伸、エディー・ウイリアムスも渋い!いぶし銀♪良い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR