今日の一盤(7208番ジーン・アモンズ)

P7080920.jpg
プレステッジの中でジーン・アモンズという名前が一番多く取り上げられたのではないか?プレステッジブックの索引を見ると65枚のアルバムに彼の名前が載っている。もちろん再発盤とかコンピ盤もあるけど。
それだけ大物なのだが、我々日本人のジャズファンで彼を支持している人はどのくらいいるであろうか?
しかし、ここまでも数枚彼のアルバムを取り上げたが、全てスインギーでブルージーで優れたアルバムである。これぞモダンジャズであり、さすが大物、理由の一つにサイドマンの優秀さだ。優れたジャズアルバムにならないわけが無い。
アモンズは新しい試みや実験的な音楽に挑戦する事はなく、たんたんといつも通りにスインギーに吹く。
「そよ風と私」「ムーングロー」等の名曲がレイバレットのコンガにのって良い!ピアノはウォルタービショップで良い。
ベースがアート・デイビスでこれがまた良い。61年10月18日の録音。正に王道。
半月後ビレッジバンガードではコルトレーンの歴史的なセッションが生ずる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR