今日の一盤(7196番ウイリス・ジャクソン)

P6240889.jpg
ジャクソン4枚目のアルバム。こちらの日本での知名度は不足しているが、あちらでは、そんな事は無いのだろう。虎の巻では当時、あちらでは甘いムードを持つサックスが重宝されたのだという。確かに彼のテナーはソウルフルな中にムードを感じさせる。吹き込みは61年1月と4月だ。前者がジム・ニーリーというピアニストが務めている。その他、ウェンデル・マーシャル(b)ガス・ジョンソン(ds)とコンガ。後者がリチャード・ワイアンズ(p)ペック・モリソン(b)ミッキー・ロカー(ds)となる。
小生に採点させれば、前者が4点、後者が5点となる。(5点満点)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR