今日の一盤(7193番レッド・ガーランド)

P6240886.jpg
自分の進む道というのを決めて、ひたすら邁進する、そんな我が道を持っている人は幸せだ。
ガーランドも我が音楽スタイル、まっしぐらの人で、ここでもガーランド節が全開だ。
癒やしと和みとスイング、これ以上何が必要かとも思うが、世の中には飽きとか向上心とかいう単語があり、演奏する本人は悩む、というのが現実だろう。ガーランドを見ていると、そんな感じはしない。迷うことなく我が道を貫き通した。
新しい世界を作る為、それと向き合う天才もいるが、向き合わないのも、これまた天才といえると思う。

ジャズ喫茶に入店すべくドアを開いた、そしてこのアルバムが流れていたとする、このお客様も幸せ者といえる。
当世のジャズ喫茶なんてお客様の入りは極めて少ない。誰もいない平日の午後、親爺は何をしているかと思えば、ラジオを聴く時間がある。NHKのAMが面白いのだ。昨日はゲストが松尾さんというDJ、ジャズも含めて相当詳しい。
こんな事を言っていた。ジャズに詳しい年とったベテランはR&Bには厳しい。少し見降ろしている。しかし現代のラップとかには優しい目を向けている。それは子供には厳しいが、孫には優しい、それと同じ眼差しなのだ・・・・面白い表現でしょう♪
こんな感じで、大変面白い番組なのです。ジャズ喫茶の親爺がそんな所にうつつを抜かすのはいけないのですが(>_<)

だからして、さっき言ったように今日のアルバムに出くわすという確立は結構少ないけれど、今日1人いたのだ。
世の中わからない。だからといってサッカーが予選通過するとは思わないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR