今日の一盤(7183番ウイリー・ジャクソン)

P6060861.jpg
1932年生まれで87年逝去、55年の人生だった。
R&Bやジャンプの世界からジャズの世界に入ったミュージシャンが、やがてブローの名手となるケースがある。
アーネット・コブ、イリノイジャケーとか、そしてこのウイリーもそのようだ。
男の世界がプンプンする。もっと、日本の女子も惹きつけられるても良さそうだが、イケ面なヨーロッパピアノトリオに心が行くようだ。
何たって、「トライ・ア・リトル・レンダーネス」これを聴いて欲しい。
ビル・ジェニングスのギターの鳴き、そしてウイリーの何とメローなサックスよ!
男心に僕はイチコロに惚れた。
この曲だけでこのアルバムの価値はあるが、B面も良し。
この手はスローなバラードに尽きる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR