今日の一盤(7132番ジーン・アモンズ)

P4090769.jpg
アモンズ他4人のホーン奏者が次々と奏でるジャムセッション。録音は1958年1月だ。とうとう58年に突入。
それにしても、このメンバーの選択はどうしたものだろう?ペッパーアダムスがプレステッジ初登場である。
このアルバムでの聴き所はA面1曲目「BLUE HYMN」である。(小生的に)どジャズ・どブルースだ。この黒い、ねっとりしたフィーリングこそアモンズ流。今後アモンズはたくさん出てくるが、この味を楽しんでこそになる。
他はスタンダードが並ぶが、☆3つだなー。
ベースのGEORGE JOYNERが物足りない。(先日ほめたばっかりなんだけど)
昨日のベース、ダグ・ワトキンスが効きすぎたかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR