今日の一盤(7121番モーズ・アリソン)

P3250753.jpg
今年86歳、昨年ブルーノート東京で日本初ライブをした、ミシシッピー生まれの白人シンガーソングライター、すごい人だ。虎の巻から引用させてもらう。
淡々とした中に、どこか喪失感を湛えた歌い口、煙に巻く様な、飄々とした鍵盤さばきはブルース以外の何者でもない。迎合しない無二のクールネス(彼は哲学の学士号を持つ)が、ストーンズ、ザ・フー等数多くのロッカーを虜にしたのも無理は無い。(佐藤)
今聴いても全然古臭さを感じない。独特なメロディー作り、ブルースセンス、軽妙さは現代の風潮にぴったりはまる感じがする。ハードバップが盛隆した1957年当時、プレステッジの舞台で、風変りなモーズアリソンのアルバムを6枚も作ったボブワインストックの慧眼は素晴らしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR