今日の一盤(7013番ポール・クニシエット)

P3070721.jpg
タイトルのサニーサイドアップとは目玉焼きという意味だ。
画像の50年前の卵は立派なもんだねー。(この吹き込みは1957年だが)
リーダーのポールはカウントベーシー楽団にも在籍し、レスターヤングに似て、レスターがプレズデント(大統領)と呼ばれるているのに対し、副大統領と称された。味の有るテナーマンだ。音色に特徴が合って、テナーのハスキーボイス。
この手のミュージシャンは何と言っても、バラードとかスローテンポの料理が上手である。
タイトル曲の「ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET」は絶品に美味しい。
他、このアルバムの魅力はベースがダグワトキンス。アルトにジョン・ジェンキンスとソニー・レッドという新進気鋭が入っている。彼らがハードバップ魂を兄きに吹き込んでいる。
ピアノはMAL WALDRON、ここの所、連作だ。で、悪くない。

1957年、隣の畑、ブルーノートでもハードバップの名盤が目白押しになる頃合いだ。
どれもこれも、金太郎飴の如く、同様に美味しい。
今の若者に同じ旋律をヤレといったら奏だろう。簡単に。
でも、同じ味はでない。何故?って問われたら、
卵の栄養が違うからさ、と。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR