今日の一盤(リバーサイド476番ベン・ウェブスター)

s_P1010984.jpg
63年9月、レイ・ファウラー録音、ケン・デアドフのデザイン、BEN WEBSTER(ts)JOE ZAWINUL(p)THAD JONES(tp)SAM JONES(b)RICHARD DAVIS(b)PHILLY JOE JONES(ds)
ベンのデスコグラフィーを調べたら初録が31年で最後が71年、40年間の記録がざっと100枚あった。73年に64歳で逝去。彼の死後、70年後半から80年と時代は移って、フュージョンとか、4ビートジャズは衰退していった。彼自身、64年からはヨーロッパに活動の場を移し、最後まで4ビートジャズで生き抜いた。大物ジャズマンの晩年のアルバムは華やかな一時代の記録に比べ劣ると言われるが、ベンのそれは最後まで衰えが無かったという評価が定説なようだ。
本作は全8曲の構成だが、半分はベンのカルテットでスロー・バラード。半分はサド・ジョーンズのトランペットが加わり、アップテンポなバップジャズである。何しろ、サム・ジョーンズのベースとフィリー・ジョーンズのドラムである。ベンのアルバムの中でも最もハードバップな指向を目指したと感ずるが、僕に言わせれば、いささか世代間ギャップを感じにいられない。加山雄三が奥田民生とビートルズを演奏するようなものだ。じじーは引っ込んでろい。加山は若大将を歌っていればよいし、ベンにはスローバラードが一番。
ジョー・ザビエルが初々しくピアノを務めている。繊細なセンスは白ワイン風味だね。
スポンサーサイト
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR