今日の一盤(7293番ブッカー・アービン)

P9281040.jpg
今週は大物が連続して登場する。トップバッターはアービンだ。うれしいね~
今日のアルバムは録音が63年9月、プロデユーサーがドン・シュレッテンとある。この人の名前も初登場になる。
復習の意味でプレステッジの幹部をおさらいすると、スタートははボブ・ワインストック(58年頃まで)次がエドモンド・エドワーズ(62年9月まで)この方はテナーブローやオルガンジャズで活性させました。で、62年の9月にアーゴというレーベルに移りました。後継者にはオジー・カデナが務め、よりソウルフルなアルバムに流れていきました。それはそれで楽しいのですが、昔を知るモダンジャズファンは物足りなく感じた事でしょう。そういった意味で63年の9月、また新たにドン・シュリッテンというプロデユースによりハードバップが戻って来た、そんな感じです。彼はその後もモダンジャズのアルバムを追及し続けます。
BOOKER ERVIN(ts)FRANK STROZIER(as)HOREACE PARLAN(p)BUTCH WARREN(b)WALTER PERKINS(ds)という強力な面子による、豪快なハードバップです。文句無しの☆5つ。
スポンサーサイト
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR