今日の一盤(7260番ウイルス・ジャクソン)

P8290998.jpg
プロデュースが初代のボブ・ワインストックからエズモンズ・エドワードそして3代目のオジー・カデナになった。
そして62年10月の吹き込みだが、売らんかな大衆路線、音の作りはイージーリビングジャズになっている。モダンジャズのスピリットは大して感じられない。
ケニー・バレル、トミー・フラナガン、ロイ・ヘインズとサイドマンは凄いが、オリジナリテイーは薄い。70年、80年と、こんな感じで会社からの要望に付きあって出来たアルバムは山の様に出現するが、プレステッジをずーっと聞いてきたが、このレーベルで、それを感じたのは今日のアルバムが初だ。☆2つ。
スポンサーサイト
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR