今日の一盤(7226番シャーリー・スコット)

P7280960.jpg
今日のアルバムが発売された時は1962年上半期であろう。そしてこのアルバムは61年11月の吹き込みだから、市場に出されたのは鮮度が高いという事になる。何しろプレステッジというレーベルは、2,3年前の吹き込み、さらに古い再発もかなりあるので、新録というのはフレッシュさを感ずる。
スタンレー・・タレンタイン(ts)ジョージ・タッカー(b)オーチス・フィンチ(ds)のカルテット。(ドラマーの名は初だが、そつなくプレーしている。)スタンレーは相変わらず良い雰囲気だが、このアルバムのポイントはベースだ。
チェンバース、ワトキンス、そして本日のジョージタッカーがハードバップの3大ベーシストといっても過言は無いと思う。ボンボン弾むというか、浮き上がる様なリズムを刻む。おのずとスイング感は高まる。小難しいベースソロは取らず、ひたすらはじきまくる。よっぽど指が太いんだと思う。これがシャーリーのオルガンでなく、ピアノだったらなーと思うんだけど、そう言えばと資料を見た。・・・やっぱり、この当時即ち60年辺りはスタンレーとタッカーはコンビを組んでいた。ブルーノートでやっているのだ。4069番70番♪
☆4つ。
スポンサーサイト
プロフィール

ジャズカフェモーニン

Author:ジャズカフェモーニン
ジャズカフェ『モーニンのブログ』へようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
天気予報その2
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者
QRコード
QR